やはりなんかおかしいぞ!と脳神経外科を受診してきました。
すぐにMRIをとってもらって、
そ、そんなにすぐ撮れるものなの?とびっくり( *ᵅั ω ᵅั*)
結果は、ストレートネックがわかったくらいで 笑
後は、脳震盪を起こしたんでしょうね~とのこと、

今のところ! 血管の詰まりや萎縮もなく、
とっても健康でした╰(*´︶`*)╯

ただ、数日ぼんやりしがちなのと、むちうちの症状は仕方がないようで(´⌒`。)
色々とやらないといけないこともたまっていますが、
何よりも、レッスンと、家族の食事が私にとって重きを置きたいところなので、
そこを優先したいと思います٩( ‘ω’ )و

 

さて、今日は、一般動詞の現在形の否定文の作り方

一般動詞というのは、be 動詞ではないもの。
be 動詞というのは、am, are, is, was, were などなど。

なので、play, enjoy, read, write……….
そんなのを一般動詞と呼びます。

昨日書いたように、現在形は、現在習慣形といえるもので
それを否定する形ですね。

「~しない」という意味の一般動詞現在の否定文は、
動詞の原形の前にdon’t [doesn’t] をつける。

doesn’t は三人称単数 (I, you以外の単数) が主語のときに用います。

主語が一・二人称(I,You),および複数 (We, You, Theyなど)のときは don’t.

 

<例文>

私は本を読まない。

I don’t read books.
(昨日も今日も明日も本は読まないといったニュアンスです。)

彼は、彼女が好きではない。

He doesn’t like her.

(彼は、昨日も今日も多分明日以降も彼女が好きではない)

 

彼らは、野球をしない。

They don’t play baseball.

(彼らは、昨日もその前も今日もこの先も野球をしない)

 

明日は、一般動詞で疑問文を作ります~(*`・ω・)ゞ